xx 風に吹かれて、全ては変わった。†Gone with the fiend~ロックばかり聴いてちゃダメよ! 忍者ブログ
* admin *
[1133]  [1132]  [1131]  [1130]  [1129]  [1128]  [1127]  [1126]  [1125]  [1124]  [1123
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日時と場所:2014年4月5日 (日)、Zeppダイバーシティ東京

Bob Dylan は伝説の人ではない。
Bob Dylan は今を生きている。
Bob Dylan に近づける者はいない。

と、ただただ、圧倒されただけ、負けっぱなし。

声はすれども姿は見えず・・・
人の波間に、時折、白いハットを被ったあの人が、チラチラ見えるのみ。
曲のアレンジを大胆にかえ、彼に関するリテラシーの低い自分にはとてもついて行けない。
それでも身体は動いてしまう、強烈なリズムに乗せられて。

本当に凄い。自分勝手に気ままな歌い方で、まるきり彼のペースでこちらの都合など考えない。
負けだ。すっかり負けた~!

-------

セットリストはこちら。



開演前の会場SEはなく、しーんとした中で大勢の人々のボソボソと話し声が聞こえ、
今まで経験したことのない空間。
インターバルを挟む構成で (20分?ちょっと長すぎた)、MC どころかメンバー紹介もせず。
全曲ブルース/ロックンロール/モダンジャズ をミックスしたアレンジは、
ここがダンスホールじゃないことを残念に思わせる。

週末の東京公演ということもあり、集客も半端ない。
「見える?」「見えない」の会話があちこち飛び交っていた。
スタンディングならもっと自由なフロアマネージメントにすべきでは。
年寄りばかりで暴れる客など到底いないのに、
なぜブロックできっちり仕切るのか理解に苦しむ。

------

Zeppダイバーシティ東京とは、ZeppTokyo の名前が変わったもの・・・・
ではない!
全く別物。場所もぜんぜん違う!
観覧車を目指して到着した人が結構いたもよう。自分もしっかり、その一人であった。



拍手[0回]

PR
キーワード必須&承認制です。文末などに半角で次を記入→CMacct
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス(任意)
URL(あればヨロシク)
コメント
パスワード(削除用)   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
BACK HOME NEXT
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★ご来場有難うございます★
レイアウト/背景の変更により過去の記事で文字色が背景と類似・反転して読めない場合があります。
動画・ニュースのリンク切れはご容赦ください。
各ページ下の広告はツールの規則により、削除できません。ご了承ください。
カテゴリー


Profile
HN:
rocker rosa (Nora Rockers)
性別:
女性
趣味:
音楽~スノーボード~車~美術・工芸~旅行
自己紹介:
<世代>
L.A.メタル、スラッシュメタル
<最初の洋楽>
父親が爆音でかけていたジャズとFM
<実は好きだった>
カルチャー・クラブ、デュラン・デュラン
<嫌いな音楽>
パンクと名乗る現代ロック
<同じ誕生日の人>
ジョニー・サンダース、イアン・カーティス、ジョー・サトリアーニ、トレヴァー・ホーン、ジェイソン・ボーナム、リンダ・ロンシュタット、ステファン・オマリー、チ・チェン、レンブラント、ラリー・コーエン
<反省していること>
あまりにもしていないギターの練習
My Les Paul
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: Gone with the fiend~ロックばかり聴いてちゃダメよ! All Rights Reserved