xx 単純なソロだよ!らしいけど・・・†Gone with the fiend~ロックばかり聴いてちゃダメよ! 忍者ブログ
* admin *
[419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [411]  [409]  [408]  [404
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Judas Priestの『You've got another thing comin'を聞き取って、なんとか形にしました。イントロ~リフ~ソロ前のパートまで。さて問題はソロです。もう何十回も、通勤時間は殆どこればっかり聴いてましたが・・・だからと言って弾けるようになりませんよ。

頭で再生出来ても、指に伝わらないもんなのね~

それにどう考えたって、一音違わず記憶するわけじゃないし。もっと遅く再生したらもうちょっとマシに聞き取れるのでは?
と思って、パソコン上でそういう事が可能なのか、探してみたらありましたよ。ピッチを変えずに速度を自由にできるツールが。もちろん無料です(笑)

☆課題曲は#8に。⇒
Screaming for Vengeance(復讐の叫び)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
窓の杜 で見つけました。 聞々ハヤえもんって、ちょっと意味不明な名前なんですけど。
ダウンロード後、インストールなし。フォルダごと適当な場所に置いとけば使えます。アプリケーションのアイコンを、デスクトップにショートカットさせると使いやすいでしょう。

普通に、CDをパソコンに取り込みます。rosaはCDを入れたときのデフォルトがSonic Stageなので、そのままSonicフォルダに音楽が入る。

ハヤえもんを立ち上げ、音楽ファイルを適宜指定。このとき、ファイル→開く なのか ファイル→追加 なのか、どっち使っても同じみたいなんですけど、厳密には違うのだと思います。

取り込んだら速度を好きなように変え、再生。見事にゆ~っくりなJudas Priestが聴こえてきました。ピッチはそのままです。
ループ再生もできるしピッチ変更も可能。その他、いくつか再生コマンドがあるけど私は使わないかな。
とりあえず、ソロを遅く聴けるだけでいいので。

ただ気づいたんですけど、一音一音拾いたいからといって闇雲に遅く再生しても、曲全体のリズム感が取れないのでかえって練習になりません
システムの都合なのか、遅すぎると音がビビリまくり。おそらく、ロングトーンがブツ切れに一音ずつみたいになってるのだと思います。
なのでせいぜい89%位が妥当のようです。

あーそれで、どう役に立ったかというと騒ぐほどのモノでもなかったです。ツールとしては面白いんですが、聞き取ってコピーするって作業は、簡単ではないのね。
ポイントごとに使っている音が分ったくらいで・・・その間々はひたすら追いかけるしかないのかね。

TAB見ないとして、普通どうやるんでしょー。それを聞きたいよ。
PR
キーワード必須&承認制です。文末などに半角で次を記入→CMacct
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス(任意)
URL(あればヨロシク)
コメント
パスワード(削除用)   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BACK HOME NEXT
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★ご来場有難うございます★
レイアウト/背景の変更により過去の記事で文字色が背景と類似・反転して読めない場合があります。
動画・ニュースのリンク切れはご容赦ください。
各ページ下の広告はツールの規則により、削除できません。ご了承ください。
カテゴリー


Profile
HN:
rocker rosa (Nora Rockers)
性別:
女性
趣味:
音楽~スノーボード~車~美術・工芸
自己紹介:
<世代>
L.A.メタル、スラッシュメタル
<最初の洋楽>
父親が爆音でかけていたジャズとFM
<実は好きだった>
カルチャー・クラブ、デュラン・デュラン
<嫌いな音楽>
パンクと名乗る現代ロック
<同じ誕生日の人>
ジョニー・サンダース、イアン・カーティス、ジョー・サトリアーニ、トレヴァー・ホーン、ジェイソン・ボーナム、レンブラント、ラリー・コーエン
My Les Paul
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: Gone with the fiend~ロックばかり聴いてちゃダメよ! All Rights Reserved