xx 今年も終わりが近づき、ハノイもカウントダウンに入ります。†Gone with the fiend~ロックばかり聴いてちゃダメよ! 忍者ブログ
* admin *
[317]  [316]  [315]  [312]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [304]  [303
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

This one's for rock'n'roll - The best of Hanoi Rocks 1980-2008Hanoi TOFRR

ハノイ・ロックスの「ラストアルバム」である上記は、日本でも12月17日(予定)にリリースとなるそうです。発売はVictor より。
ヨーロッパで既にリリース済み。(内容は続きのページで)また、ヨーロッパ盤にはおまけとして『エコバッグ/バンドパッチ(ネームワッペンのようなもの)』が付属していますが、日本盤で同様のものが含まれるかは未定です。
おそらくエコバッグは無いんじゃないかなと思います。

ヨーロッパでの購入は : www.bsa-store.com/PublishedService ユーロ安の今、いかがでしょうか(笑



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

CD 1

         

CD 2

1. Lost In The City
2. Tragedy
3. 11th Street Kids
4. Oriental Beat
5. No Law Or Order
6. Motorvatin'
7. Taxidriver
8. Cafe Avenue
9. Love's An Injection
10. Back To Mystery City
11. Until I Get You
12. Malibu Beach
13. Up Around The Bend
14. Don't You Ever Leave Me
15. High School
16. Underwater World
17. Boulevard Of Broken Dreams
18. Million Miles Away
  1. People Like Me
2. A Day Late, A Dollar Short
3. Obscured
4. In My Darkest Moment
5. Back In Yer Face
6. Better High
7. You Make The Earth Move
8. Eternal Optimist
9. Center Of My Universe
10. Hypermobile
11. Fashion
12. This One's For Rock'n'Roll
13. Teenage Revolution
14. Worldshaker
15. Grin And Bear It

CD2ラストの「 Grin And Bear It」は、マイケルアンディラク による曲であると思われます。それ以外は、これまでの作品から人気作を分かりやすくまとめたといったところ。
エンハンスドCDでもないので、本当に記念的に買うくらいでしょう。ヨーロッパ盤にはブックレットも無いみたいです。
また、来春(2009年4月)、フィンランドでバンドに関する書籍が発行されるそうです。情報はこちらですが⇒
Hanoi Rocksin tarina kansiin
フィンランド語です。全く分かりません。フィンランドで地位を築いてさえいれば良い、と思っているわけではないでしょうけれどね・・・。
PR
キーワード必須&承認制です。文末などに半角で次を記入→CMacct
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス(任意)
URL(あればヨロシク)
コメント
パスワード(削除用)   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BACK HOME NEXT
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★ご来場有難うございます★
レイアウト/背景の変更により過去の記事で文字色が背景と類似・反転して読めない場合があります。
動画・ニュースのリンク切れはご容赦ください。
各ページ下の広告はツールの規則により、削除できません。ご了承ください。
カテゴリー


Profile
HN:
rocker rosa (Nora Rockers)
性別:
女性
趣味:
音楽~スノーボード~車~美術・工芸
自己紹介:
<世代>
L.A.メタル、スラッシュメタル
<最初の洋楽>
父親が爆音でかけていたジャズとFM
<実は好きだった>
カルチャー・クラブ、デュラン・デュラン
<嫌いな音楽>
パンクと名乗る現代ロック
<同じ誕生日の人>
ジョニー・サンダース、イアン・カーティス、ジョー・サトリアーニ、トレヴァー・ホーン、ジェイソン・ボーナム、レンブラント、ラリー・コーエン
My Les Paul
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: Gone with the fiend~ロックばかり聴いてちゃダメよ! All Rights Reserved